日焼け止めで顔が肌荒れした!もっと良い紫外線対策ないの?

日焼け止めどーなってんの!?

 

 

 

知ってました?

 

日焼け止めって肌荒れすることがあるんです!

 

私、そんなことは全然知らず、痛い目に遭ってしまいました。

 

 

 

 

私は現在都内の大学に通っているのですが、大学に入る前はかなり田舎者で

 

美容とかほとんど気にせず過ごしていました。

 

もちろん、高校時代まで彼氏なんてできたことありません…。

 

周りがバッチリメイクしているのを見て、大学に通うようになってから

 

メイクも本格的にするようになったくらいなんです。

 

 

 

そんな私でも大学でオシャレをするようになって、初めて彼氏ができました。

 

私は彼に好かれるためにとますます美容に力を入れていたのですが…。

 

そんな矢先に使い始めたのが、日焼け止めクリームでした。

 

 

 

 

 

綺麗な肌を守るためには紫外線対策が必要不可欠です。

 

それに赤く日焼けするとかっこ悪いですしね。

 

 

 

そんな理由で、デートの時も日焼けしないようにとバッチリ塗って行ったのですが、

 

あろうことかデートの最中に赤いニキビが出てきてしまったんです。

 

それまで化粧品で肌荒れしたことなかった私。

 

まさかの出来事でした。

 

彼氏の「ここ赤くなってるよ」という悪気ない言葉に、ショックを受けてしまいました…。

 

 

 

その後も何度か試し塗りしましたが、やっぱりニキビの原因は日焼け止め。

 

よりによって肌を守るためにつけたもので肌荒れしてしまったことに、イライラはMAXです!

 

日焼け止めのCMとか沢山テレビでやってますが、刺激が強いものだなんて言ってないですよね?

 

本当に「騙された!金返せ〜!」って思いましたよ(泣)

 

刺激の強い日焼け止めは避けよう!

 

 

 

ただよく考えてみると、日焼け止めって夏場多くの女性が使っていますよね?

 

「みんなが肌荒れしていないのは何でだろう?」って思い、ネットで調べてみたんです。

 

 

 

すると日焼け止めの中にも、刺激が強いもの・弱いものというのがあって、

 

日焼け止めの選択ミスをしてしまうと、そこまで敏感肌でなくても荒れることがあることが分かりました。

 

今赤いニキビができてしまっている人はまず、日焼け止めが強いものかどうか確認しましょう!

 

 

SPF・PAが無駄に高いの使ってない?

 

 

 

日焼け止めに使われる「SPF50」とか「PA++++(フォープラス)」とかいうのは、

 

その日焼け止めの効果を表しています。

 

太陽の光にはUV-A、UV-Bという2種類の紫外線が含まれているのですが、

 

SPFはUV-Bを、PAはUV-Aを防ぐ効果を示しています。

 

 

 

このように聞くと「じゃあ効果が高いの買った方が得じゃん!」と思うかもしれませんが、

 

実はこれが罠で、効果が高い日焼け止めはその分肌への影響も大きくなってしまうんです。

 

しかも、発売されている日焼け止めの最高ランクであるSPF50+やPA++++は、普通に生活

 

している状態ではまず必要ないんだとか…。

 

 

 

例えば普段の通学・通勤に使うのはSPF20〜30、PA++くらいで充分と言われています。

 

海や山に長時間のレジャーに行く時でさえ、SPF40、PA+++で間に合うそうです。

 

↓で詳しく書きますが、日焼け止めを塗ってるのに日焼けするって人は、

 

日焼け止めの効果の大きさよりも塗り方で失敗している人が多いみたいですよ。

 

 

紫外線吸収剤入りは刺激が強い

 

 

 

日焼け止めは商品によって紫外線吸収剤が使われているものと、紫外線散乱剤が使われて

 

いるものがあります。

 

難しい言葉ですが、要するに吸収剤は薬剤が紫外線を吸収して日焼けを防ぐもの、

 

散乱剤は紫外線をはじいて日焼けを防ぐもの、と考えれば分かりやすいと思います。

 

塗るタイプの日焼け止め商品は、全てどちらかが含まれているんですね。

 

 

 

この2周類のうち、紫外線吸収剤が入っているタイプは、紫外線散乱剤が入っているタイプよりも

 

肌荒れが起きやすいと言われています。

 

紫外線を吸収する時に薬品が化学反応で僅かな熱を出し、これが肌に刺激となるためです。

 

 

 

敏感肌用の日焼け止めは、基本的に紫外線散乱剤を使ったものが多いですし、

 

肌が弱い人は「紫外線散乱剤使用」とか「紫外線吸収剤不使用」「ノンケミカル」などと

 

書かれた日焼け止めを選ぶといいですね。

 

 

ウォータープルーフも刺激の一因

 

 

 

汗や水で落ちにくいウォータープルーフの日焼け止めは、便利ですがこれまた肌には負担になります。

 

水や汗でも落ちないということは、それだけ肌にぴったりと吸着しているということ。

 

つまり、毛穴が詰まってニキビの原因になりやすくなってしまうんです。

 

 

 

また、洗い流すのも大変で、落としきれずに肌に残ってしまうとそれも肌荒れの原因になってしまいます。

 

特に、普通のせっけんで流せないタイプのものは肌の弱い人は避けた方がいいですね。

 

 

日焼け止めの塗り方は大丈夫?

 

 

 

いくら効果が高い日焼け止めを持っていても、使い方が間違っていれば効果が出ません。

 

そして、これが肌荒れの原因になってるなんてことも!

 

知ってるようで知らない日焼け止めの塗り方、改めて確認してみてくださいね。

 

 

事前に保湿する

 

顔に日焼け止めを塗る場合、保湿(化粧水・乳液など)をしてから日焼け止め、

 

その後にベースメイクの順番です。

 

先に保湿しないと日焼け止めがすぐに落ちてしまいますし、肌への刺激も強くなってしまいます。

 

保湿をしてから肌に浸透させるため、5分くらい時間を置き、それから日焼け止めを塗るようにしましょう。

 

 

日焼け止めは厚く塗る

 

実は日焼け止めって結構厚く塗らないと効果ないって知ってました?

 

日焼け止めの効果を出すためには、1cm2(1cm四方)あたり2mg塗る必要があると言われています。

 

市販の日焼け止めは大体30g〜100g程度入ってますが、この量をしっかり全身に塗るとすれば30g入りの

 

ものなら4,5回程度で無くなってしまうと思います。

 

 

 

かなり贅沢な使い方ですね。

 

でもこれくらい塗らないと表示されている効果は出ないんですよ…。

 

 

小分けに塗る

 

少量ずつ手に取り、薄く延ばして、更に同じところに2,3度重ね塗りするのが正しい塗り方です。

 

一気に大量に付けるのも塗りムラの原因になり、一部だけ日焼けしたりすることになるのでNG。

 

特に紫外線散乱剤使用のものは伸びにくいので注意ですね。

 

 

 

またこの時、日焼け止めを塗る時にはゴシゴシせず、優しく肌の上で伸ばすイメージで塗ってください。

 

ゴシゴシ練り込むと毛穴が詰まってしまう原因にもなります。

 

 

2,3時間に1回塗り直す

 

日焼け止めは1日中効果がある訳ではありません。

 

紫外線を防ぐためには、大体2,3時間に1回は塗り直しが必要だと言われています。

 

塗り直しも最初に塗った時と同じ量を塗ってください。

 

普段行かないような場所であれば、事前に塗り直しできる場所を確保しておきたいですね。

 

日焼け止め以外に紫外線対策はある?

 

 

 

上で書いたように刺激の少ない日焼け止めを選んで買ったけど、

 

 

やっぱり肌荒れした…。

 

 

そんな人もいるかもしれません。

 

日焼け止めの中では刺激が少なめとは言え、敏感肌の程度によってはそれでも負けてしまう

 

ことがあるんですよね。

 

 

 

でも…。

 

「もういい!顔にニキビできるの恥ずかしいから対策しない!」

 

な〜んてことは考えないでくださいね!

 

肌荒れするだけなんて大したことない、と思えるくらい実は紫外線の害ってヤバいんです。

 

 

 

ただ、日焼け止めは肌荒れするし、しっかりした使い方をすると

 

 

時間もお金もかかる…

 

 

「もっと良い紫外線対策はないの〜?」とは思いますよね。

 

そこで2つ、その他の紫外線対策を紹介したいと思います。

 

 

日傘や服による紫外線対策

 

 

 

これはもう誰もが知ってるお馴染みの対策ですね。

 

当然、日傘や服ももちゃんと紫外線を防ぐ効果がありますよ。

 

最近ではUVカット加工がされた物が販売されているので、

 

そういった日傘や服を選ぶとますます紫外線カットの効果は高まります。

 

 

 

ただ、日焼け止めのように顔にニキビができたり、何度も塗り直ししなきゃいけない面倒がない

 

メリットはありますが、こちらはこちらでそれなりのデメリットがあるんですよね。

 

 

 

まず、暑い!とにかく暑い!

 

全身汗だくで、これはもはや修行ですよね…。

 

日傘だけとかならまだ良いですが、全身覆うのは本当にキツイです。

 

 

 

あと、ダサイ!

 

上の画像を見ても分かりますが、何となくおばちゃんっぽくなっちゃうんですよね…。

 

私は田舎出身なので、農家のおばちゃんをつい思い出してしまいます(笑)

 

彼氏とのデートとかで、まずこの格好はできないです。

 

 

飲む日焼け止めで紫外線対策

 

 

 

これが私の今イチオシの方法です。

 

何と、今は飲むだけで紫外線対策できるサプリがあるんですよ。

 

 

 

これは2016年頃から本格的に国内でも作られ始めたサプリで、雑誌のモデルさんが

 

使っていたり、雑誌でも沢山掲載されている話題の商品。

 

塗るタイプの日焼け止めと違い、天然成分でできているので、

 

飲んでも肌荒れしたりしません!

 

 

 

でも、飲むだけで日焼け止め効果ってあまりピンと来ないですよね?

 

これはある成分を摂ることで、身体そのものが紫外線に強くなるって仕組みらしいです。

 

 

 

その成分というのが、ニュートロックスサンというもの。

 

これはシトラスとローズマリーという2つの天然成分を特殊な割合で調合した新成分なんですが、

 

発見した人達の実験によれば、ニュートロックスサンを1日250mgずつ3カ月飲み続けると、紫外線

 

を60%カットできるようになるという結果が出たそうです。

 

 

 

「なーんだ、100%カットじゃないのか…」と思いました?

 

確かに100%これだけで紫外線をカットする訳できないので、他の紫外線対策は多少なりとも必要です。

 

でも考えてみれば、しっかり紫外線対策してるつもりでも色々抜けていること多くないですか?

 

例えば

 

  • 夏にはしっかり紫外線対策するのに、涼しくなるとぱったりしなくなる
  • 全身ケアしてるつもりが、身体の一部に塗り忘れ(隠し忘れ)がある
  • 「短い時間だから…」と言って紫外線対策せずに出かける

 

こんなことです。

 

こういうことがあると、紫外線対策をしていない部位については

 

紫外線カット率0%で完全に無防備になっています。

 

それが1日1回サプリを飲むだけで、全身のカット率60%になるっていうのはかなり便利じゃないですか?

 

特に「分かってるけど夏以外紫外線対策してなかった…」って人にはかなり効果があると思いますよ。

 

飲む日焼け止めの選び方!

 

 

 

ここまで書いてきたように飲む日焼け止めは、かなり便利なのですが、

 

サプリ選びは結構重要です。

 

なぜなら、紫外線カットに効果があるとされるニュートロックスサンの配合量が

 

商品によってかなり差があるからです。

 

 

 

中にはニュートロックスサンがちょっとしか配合されていないにも関わらず、

 

j日焼け止めサプリとして売り出されているものもあり、こういうのを買ってしまうと

 

「効果ないじゃん…」ってことにもなりかねません。

 

 

 

実験と同じように1日250mgのニュートロックスサンを摂取できるサプリメントで

 

現在人気があるのは「ホワイトヴェール」「インナーパラソル21600」の2種類です。

 

 

ホワイトヴェール


洗顔料や美白ジェルでもお馴染み、ホワイトヴェール。
基本は1袋で販売しており、この場合にはニュートロックスサンが1日125mgしか取れません。
ただし、250mg摂るための2袋定期購入にも対応しており、この2袋定期購入に限り日傘マークが付いています。

 

ニュートロックスサン以外にも豊富な天然美容成分が含まれており、日焼け対策だけでなく、総合的な美容サプリとしても使えそうですね。

 

価格 1粒当たりのニュートロックサン配合量 その他

定価:15,120円(2袋)

 

定期購入:初回:1,780円(2袋)
     2回目以降:7,960円(2袋)

62.5mg
(1日4粒飲むと250mg)

90日間全額返金保証あり。
定期コースはいつでも解約可。

 

 

インナーパラソル16200


1日2粒飲めばニュートロックスサン250mgが摂取でき、飲む日焼け止めの中では最もお得なインナーパラソル16200。

16200というのはニュートロックスサン7500mgを含む、1袋当たりの美容成分の合計値らしいです。

 

ニュートロックスサン以外の成分はホワイトヴェールの方が多く含まれていますが、日焼け止め目的に特化するならこちらの方がいいかも。

価格 1粒当たりのニュートロックスサン配合量 その他

定価:7,000円(1袋)

 

定期購入:990円(1袋)
     2回目以降:5,600円

125mg
(1日2粒飲むと250mg)

定期コース申し込みの場合は最低3カ月続ける必要あり。
定期コース申し込みでサプリケースがもらえる。

 

 

定期購入でも単品購入でもインナーパラソル16200の方が安いですが、

 

ホワイトヴェールは「定期購入後いつでも解約できる」というのがメリットです。

 

 

 

ただ、日焼け止めサプリは3カ月くらい継続しないと効果が実感しにくいもの。

 

そう考えると安くて続けやすいインナーパラソル16200の方がいいかな〜って思いますね。

 

ニュートロックサンの配合量はどちらも変わりませんし、毎月2,000円以上の違いは大きいですよね。

 

インナーパラソル16200も3カ月分購入後から解約できますし、3カ月使ってみた方が

 

合うかどうかもはっきり分かって確実だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

私はインナーパラソル16200を春から飲んでいます。

 

最初は塗る日焼け止めを色々調べていたんですが、自分に合うものを探すのも大変だし、

 

塗り方を調べると段々面倒臭く思えてしまって…。

 

そんな時に飲む日焼け止めを見つけ、即効で飛び付いちゃいました(笑)

 

 

 

インナーパラソル16200なら1日2錠飲むだけなので、ほんとに楽ちん!

 

 

今は他に日傘をさすくらいしか対策していませんが、それでも日焼けしにくくなった気がします!

 

少なくとも、日焼けして肌が赤くなったりするようなことにはなっていませんね。

 

海とか山に遊びに行く時などは別として、普段生活する分にはこれだけでも

 

結構違うんじゃないかと個人的には思っています。

 

何より、簡単に年中紫外線対策ができるのは心強いですね。

 

副作用もないので、気軽に飲めるのもうれしいところ。

 

 

 

もし、あなたが日焼け止めで肌荒れしたり、塗るのが面倒と感じているのなら、

 

飲む日焼け止めを試してみる価値はあると思いますよ。

 

紫外線対策に悩まされず、もっと快適に夏を過ごしましょうよ!